2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
これを書く時点で人生終わってる気もするが
2007.10.19 (Fri)
※食事中のあなた、閲覧禁止※











 
 

【More・・・】




 本日4コマ目が終わって、本館1階のトイレに行きました、と。

 そしたらね、まあ……

 すんごいちょっとしか、紙が残ってない、と。


 どう見ても『一回』が限度。
 個室中見回しても、ストックすらない、と。


 え、いつ気付いたのかって? やだなぁ言わせる気かいあっはっは☆
 そもそも個室でペーパーを大量に必要としてる訳だから
 『どっち』だったのかも自ずと分かるってもんだろベイベー。

 ポケットティッシュは持ってたけど
 風邪気味の私は一日で使い切ってしまった後でしたとさ。
 ええもう、オダジョーのCMのごとく
「どうする!? どうする俺!?」状態ですよ。


 選択肢として出されたカードは3枚。

1. 人がいる内に
 「すいませ~ん、ペーパー取ってくださーい」と声をかけて
 助けて貰う。


 今は4コマ目が終わった直後。なので人が次々出入りしている。
 でもこんな小規模な大学でそんなことやったら一ヶ月は笑い者決定。
 友人知人が外にいる可能性もある。

 否、友達ならいい。「何やってんだよー」って笑い飛ばせる関係の友達ならいいんだ。
 でも中途半端な知人と遭遇した場合
 笑い飛ばすことも出来ず他人のフリを貫くことも出来ず。
 中途半端に悲惨な状況になるじゃないか。
 しかもその人を伝って私とさほど面識のない人達の間で噂(?)が流れる可能性も。

 例え声をかけた相手が知らない人だったとしても
 前述の通り、入れ替わり立ち代わり人が来ている訳で
 『その瞬間』を知ってる誰かに目撃される危険性は否定出来ない。

 駄目だ。1番却下。


2. 芯……

 いやいやいやいや駄目だ駄目だ。人としてそれは駄目だ。
 芯が水に溶けてちゃんと流れてくれるかどうか分かんないし。

 ちらりとも頭をよぎらなかったと言えば嘘になるが、これも却下。


3.人がいなくなるのを待って、
 素早く隣の個室に行く。


 よし。
 これだ。現実的なのはこれだ。
 しかし、『人がいなくなったかどうか』というのは
 あくまでも私の主観で判断を下すしかない訳で、
 100%安全な状況とは言えない。
 例えば、洗面所辺りが静かになったとしても、例えばだよ、個室に人がいて、
 私が出たのと同じタイミングでその人も出てきちゃって鉢合わせ☆的な展開
 容易に予測できるじゃないか。
 または私が個室の外に出た瞬間誰かがトイレに入って来ちゃって以下同文。

 でも、それでも、休み時間が終われば……!


 覚悟を決めました私。待ちます。個室の中でひたすらその時を。


 しかし私は大切なことを忘れていた。
 4コマ目(=7・8限)以降ってのは
 おおまかにだが『放課後』なんだということを。


 勿論、5コマ目(=9・10限)に授業がある人だっているだろうさ。
 私だって、月曜の5コマ目には図書館学課程の授業が入ってるよ。
 でも、それ以上に、『4コマ目以降は授業なし』の人の方が多いんだ。
 つまり、大多数の人がのんびり行動してるって訳よ。

 
 いなくならないよ、人。


 しかもちょっとガラの悪いグループが洗面所のとこでダラダラ雑談してやがる。
 ええい畜生トイレでたむろしてんじゃねぇ!
 テメェの髪の色が失敗してようが知ったことか! こっちは紙がなくて困っとんじゃ!!



 叫び出したくなったその瞬間、目の前に4枚目のカードが。

4.ほんのちょっと残っている紙を最大限活用した後、
 ふんわ~りと、下着とジーンズ履いて、
 何食わぬ顔をして、他の場所のトイレに行く。



 むしろ、紙を『そこ』にあてたままで、という手もアリ、か?
 どうだろう、これ、結構いいんじゃないだろうか……
 ヤツらは相変わらず出て行きそうにない。
 
 さあどうする、どうする私!


 そして。


 私はすでに、4番目のカードに手を伸ばしかけていた。
 だが指がカードの先端に触れるか否か、という瞬間に、やはり躊躇してしまう。
 こんな窮地に陥ったのは生まれて初めてだ。
 ちなみに携帯は電池切れである。助けを呼ぶことも叶わない。
 授業中に焼き肉占いとかやってた罰ですか神様。


 だが奇跡は起こった。
 覚悟を決めつつ無意識に個室全体を見回したその時。
 『あった』のだ。

 初めは見えなかったその場所、便器の裏に。
 純白のそいつは、いた。

 目を見開く、という表現はよくあるが
 リアルでこの動作の典型とも言える表情をしたのは多分初めてだ。
 私は叫びたかった。神様ありがとう! 奇跡をありがとう!
 世の中の人がみんな幸せでありますように!!


 結論を言うと、個室で用を足す時は最初に紙の有無を確認しましょうってことですよ。
 あとポケットティッシュは常に複数常備しとくに限る。これは人生の先輩からの忠告だ。

 最後に言いたいのは、
 神様、奇跡起こすならもっとこう、早い時点で!

 すいませんね、くだらなくてね。
スポンサーサイト
記事編集21:13| 日記| トラックバック:0| コメント:1| Top↑
コメント
■まる
夢がもりもり
武蔵坊 | 2008.09.15(月) 22:22 | URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック